0乗の行動学

日本の成長戦略はここにある

あなたは世界の中心だ!

Local ⇔ Global



国民が情報発信する側に立つと
日本は変わる!


独自の経済圏をつくる

 インターネットは、「私が世界の中心だ!」と言う構造になっている。個人も、企業も、国家も、ネット上では1に過ぎず、すべて同格である。これは、小が大に勝てることを意味する。どんなホームページで、何をシェアし、どんなネットワークの組み方をすると?小が大を制し、みんなが幸せになれるか!弱い者は群れるに如かず、ここには、群れ方がある。それは、0乗の生き方、農村社会の共同体の精神「結い」に原型がある。


 → みんなが豊かになれる社会基盤を!


情報を制する者が世界を制する

 インターネットが、出現してわずか20年、Google、Amazon.com、Facebook、Apple Inc.の4つの主要IT企業(GAFA )は、世界中の情報を網羅し、世界を支配するまでになっています。これに抗するには、私たちひとり一人が、自分の情報を、自分でコントロールできる、情報技術を習得し、人と、Person to Personの関係を構築し、グローカル(お互いさま)なネットワーク(地域共同体)をつくります。情報の共有とシェアすることで、富を分かち合う。この実例が、日本の農村社会の生き方「結い」にあります。


 → 情報を制する者が世界を制する


ホームページ戦略 裏から表を変える

 想像してみてください!何もかも飲み込んで行く、ブラックホールのように、今、コンピューターが、現存するモノやコトを、どんどん飲み込んでいます。まさに、もう一つの現実が、コンピューターに、集積され、現実と相待する裏の世界が、形成されています。裏の世界が、インターネットで、結ばれたことにより、私たちの意志で、現実を変えられる。サイレントマジョリティー(国民)には、その可能性があります。


あなたは世界の中心だ!

 あなた、あなたの会社、あなたの製品、あなたの住む地域、既に、インターネットの中心に置かれています。これが、インターネットです。ある時は主、また、ある時は従、お互いに、補完するグローカルな関係になっています。自立した個々が、個性を発揮し、足りない分を、お互いに補完しながら、お互いさまの関係(Glocal local⇔global)になっています。


ネットに自分のタネを蒔く!

 ネットワークの形成は、自然が、万物を生成させるように、ゆったりとした成長過程を辿ります。従って、性急な成果は期待できません。仮想空間に、どんな種を、どのフィールドに蒔き、何を収穫したいのか!が、はっきり分かっている人は、手入れを怠りません。無給の時期にも耐えられます。そのドメイン(事業領域)でのポテンシャルを高め、優位性を持って事業ができるようになります。これがネット生成の歩みです。こうすれば、こうなると言う確信をつかめれば、未開の分野に挑んでいけます。


 → 地域から日本を変える



一社一頁運動のススメ!

 インターネットのマーケティング機能を、最大限に活かすには、オリジナルブランドが必要です。その特徴を、一枚のホームページにまとめ、公開すると、お客様とのやりとりが始まり、ブランディングとマーケティングとの連動が起り、自社製品商品化が促進されます。一つの企業に、一つの企画に、一つの商品に、一枚のホームページ。この一品一頁の考え方が、一社一頁運動です。生産者が、情報発信側に立つと、日本は大きく変わります。


 → 一社一頁運動


成長戦略 自分の製品を自分の販路で売る

 他社のネットワーク(ポータルサイト)に加入しても、制約に縛られ、自分の思うような成果は、期待できません。自分のホームページで、自分のネットワークをつくる必要があります。このネットワークの大きさが、事業規模を決めます。


 → 情報銀行 情報を運用してお金にする


仕事は言葉の中にある

 情報戦略、ネット戦略のお話です。ホームページは、あなたのコピー。あなたの何をコピーしますか?あなたのビジネスは、どんな言葉の組み合わせの中にありますか?ホームページに、何を語らせ、お客に、何をさせたいのか?この戦略的ホームページが、ビジネスのカギを握ります。情報が人を動かし、マーケティングしながら、ブランディングにつながり、ひとりでに売れる仕組みが実感できます。


 → 共感のネットワーク 人は命令や権威では動かない


仕事はインターネットの中にある

 20年前、インターネットが、出現した時、多くの経営者は、やっと自分のメディアが手に入った!やっとこれで自分の販路が手に入る!と喜びと期待を持ったものです。インターネットを、上手く使えた経営者は、ローコストで、収益性の高い経営に移行できました。しかし、多くの経営者は、インターネットに、旧来の仕組みや制度を持ち込んだだけで、上手く生かせていません。


 → 仕事がネットに根づく


 インターネットは、表の世界を情報化し、裏の世界で運用し、その引合(レスポンス)を、表の世界でお金にします。表の世界は、週40時間が稼働時間。残りの時間は、経営からするとロスタイムです。事業をするためのコストは、24時間365日掛かっています。このロスタイムを埋めたのが、インターネットです。従って、インターネットは、経営には欠かせません。この24時間365日体制の広告と販売の自動化を、如何に実現させるか。この情報技術が、経営のカギを握っています。


 → こうすればこうなると言う確信(ビジョン)を持つ!


 ホームページでお金になった!情報がお金になった!と言う”驚きと喜び”を、経営者が一度味わうと、”そうだ!これだ!これが経営だ!”と経営者の本能に火がつくものです。このキッカケづくりが、私たちの言う、一社一頁運動です。ホームページ経営者が、ネットワークを組み、お客や仕事を、紹介したりされたりする関係になると、お互いさまの経済圏、共益圏が形成されます。お金に頼らない、お互いさまの経済システムが生まれます。


シェアするほどに豊かになる お互いさまの経済

 この情報は、自分には無意味でも、あの人にとってみれば、「価値がある!」と言うケースは、よくあることです。自分ではお金にできない引合情報を、誰に渡してやるか、この度量とこれをシェアする仕組みがあれば、おかげさま、お互いさまと言える社会が実現します。日本文化「結いの暮らし方」です。仕事の借りは、仕事で返す。情報は情報で報いる。この価値交換は、お金に質を求めない、国際金融資本の暴走にブレーキを掛け、お互いさま、おかげさまの社会、結いの経済が実現します。


 → ネットワーク経営


the United People of the World

 インターネットが世界中のPCをつなぎ、世界を一つに結んだ。私たちも一つになれる予感がしませんか?!お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとにネットワークを広め、帰属するネットワークの情報力を高めることで、みんなが売ることの不安から解放され、作ることに専念でき、平等で、等身大の生き方ができます。ひとり一人が、主となり、従となって補い合い、お互いに結び合えば、”the United People of the World”の世界ができます。共に生きてゆく思想です。お互いさま、おかげさまのつながりです。ネットワークの生成は、Give and Giveでなされます。全体から見ると、それが、Give and Takeのおたがいさま、おかげさまの社会になっています。皆様はご存じですか?どんな数でも0乗すると1になることを!地球や人類は、今、0乗の行動を必要としています。


 → 分かち合うほどに豊かになる社会



一社一頁運動 Glocal21


結いの経済のススメ!地域共同体

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 山梨県 長野県 富山県 石川県 福井県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県




 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


ふるさと活性化プロジェクト 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

ライフライン&セイフティネット
the United People of the World


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野