共生社会 共助システム 支え合い  ネットワーク社会 共生社会 セーフティネット おたがいさま 共生経済 社会保障制度 コミュニケーションネットワーク おもいやりネットワーク 農村文化 山村文化 漁村文化 山国 下町 人情 民族学 民俗学 暮らしの歴史 講 無尽講 協同組合 生活の知恵 情報の交換 情報の共有 共済会 互助会 経済
おたがいさま、共生社会のススメ
ヒューマンネットワーク「結いの会」
the United People of World

共生社会 共助システム 共生経済
農村社会では、みんなが労働や時間の貸し借りをしながら田植えや稲刈りなどの農作業を助け合いの精神で協力してきました。みんなの心の貸借表の帳尻が、時間を経てみるとピタリと合うからこそ、今だにこうした素朴ではあるが、お互いの対価を相殺し合う、切実な人間的連帯感、人の結びつきが残っています。この共同体(支え合いネットワーク)の相互扶助の精神を「結(ゆ)い」と言います。助け合い経営です。信州安曇野では、この相互扶助制度「おたがいさまの心」を方言で「エイ」と言い習わしています。

私たちの暮らしの中には、お互いに分かち合い、助け合う風習が、無尽講など日本のいたるところに残っています。生活の知恵として民間の内に育ってきた社会保障制度(セーフティネット)です。この生活の知恵をシステム化したものが地域貨幣であり、インターネットにより地域を越えた地球規模の貨幣が、電子マネー(ポイント)です。

しかし、人間関係の煩わしさからお金で済むことは、何でもお金で済ませる決済方法が一般化し、競争社会へと変わってしまいました。しかし、今となってみればその反動があまりにも大きく、金融機関や社会制度はその調整機能を失い不全状態に陥っています。

私たちは、閉息された管理社会に封じ込められ、精神的に無言の圧力をかけられ、いたたまれずに、辛い現実から目をそらし、この苛立ちに空しさを知り、疑うことをやめ、馴致してしまい、諦めることで生活をエンジョイしているように思えます。負の生き方です。もっと個性的で、もっと創造的に、もっとシンプルに生きるためには、私たちひとり一人が、主となり、このような思い込みや呪縛から自らを解放しなければなりません。

想像してみてください!何もかも飲み込んでしまうブラックホールのように、今、コンピューターが現存するモノや制度をどんどん飲み込んでいます。まさにもう一つの現実が、コンピューターに集積され、物質文明と相待する裏の世界が形成されています。この裏の世界が、インターネットに結ばれ、時間も空間も超越したことにより、私たち一人ひとりの意志が、現実の社会を大きく変えられるようになりました。だからこそ、私たちは、自分らしく生きるためにも、ネットワーク社会の生き方(自立と共生)をこの農村社会の共同体に学び、仕事は仕事で返し、情報は情報で報いる結いの世界を来るベき人間社会の精神風土と考えます。

経済は競争から共生へ ネットワーク経済

この情報は、自分には無意味でも、他人にとってみれば「これがすべてだ」と言うケースがよくあります。自分では直接お金にできない情報を誰に渡してやるか、この度量とこれをうまく伝える仕組みさえあれば、おかげさま、お互いさまと言える共生社会が実現します。助け合い経済です

情報の貸し借りに証文のやり取りはありません。対価が相殺されます。このことは、これからの経済システム「共生経済 お互い様の経済」に大きな変革をもたらします。お互いに知り合った仲間が、お互いの仕事を熟知し、お互いに気にかけ、機会あるごとに広め、帰属するネットワークの情報力を高めることで、みんなが売ることの不安から解放され、身軽で、等身大の生き方ができるようになります。ひとり一人が主となり、心をひとつにしてお互いに結び合えば、必ず、”the United People of World”の支え合いネットワークができます。生きてゆく基盤(セーフティネット)です。お互い様、お陰様の輪です。ネットワークの生成は、情報のGive and Give(おかげさま)からやがては、Give and Take(お互いさま)の共助システムが生まれます。

国家予算での社会保障制度も行き詰まりをみせ、お金に頼る福祉行政から地域住民が、自由意志で時間や労働を、地域社会に供出する民間の力に委ねざるを得なくなっています。年金制度をはじめ既存の社会保障制度が崩壊し始めている現在、依存型の社会保障制度ではなく、自立相互型の共助システムを私たち民間の力で作らなくてはなりません。

民間によるセーフティネット 共同体
地域メディア、地域ネットワークをつくる 個人メディアの結合で地域ネットワークをつくる。仕事や暮らしに役立つセーフティネット(支え合いネットワーク)をつくります。

情報時代は、「知っているか、知らないか、やるか、やらないか」の差が、時間と共に、決定的な違いとなって現われます。

事例 共生ビジネス 日本のアパートを安くする大家ネット》
大家さんの互助組織を結成し、共同受注、相互客付けなどの経営ノウハウの集積、販売費の軽減を図かり、入居者の皆様に、低料金で、良質な賃貸アパートを提供します。結果として、安定した賃貸経営ができます。(大家ネット)

信州ふるさと通信
インターネット安曇野
azumino@cnet.ne.jp