Person to Personのブロックチェーン
結いの経済が世界を救う!


 日経プラス1「デジタルスパイス」 山根一眞 (2001 12/8)

アクセスされないホームページ

インターネットの検索エンジンとして人気の高い「Google」が、検索対象としているホームページは世界で約16億ページにのぼる。販路開拓や顧客拡大のためにホームページを開設している企業にとって、インターネットの利用に16億という情報の”大密林”の中から自社のページを探し出してもらうことが重要になってくる。 ユーザーは求める情報や企業のホームページへ迅速に到達しようと、キーワードを叩き続ける。しかし、ページはちゃんと存在するのに「該当するページが見つかりませんでした」という結果しか得られないというケースは案外多いようだ。

企業だけでなく、政府系研究機関のホームページなどでも「なぜか検索エンジンに引っかからない」と言う声をよく聞く。この問題を指摘するメールをくださったのは、ホームページの診断を仕事とする「インターネット安曇野」の平林登さんだった。「5、6年前にホームページを開設した多くの事業者が落胆しています。待てど暮らせど、メールでの引き合いがなく、インターネットによって商談が成功したという実例がないから」だという。その原因として、平林さんは「ホームページのタイトルを記入していなかったり、コンテンツがテキストでなくGIFなどの画像ファイルとで構成されていたりして、内容が検索エンジンに認識されず今に至っているページが驚くほど多い」と指摘している。

どんなに美しくても、検索エンジンでヒットしないホームページは新たな読者を獲得していくことは難しい。企業は、社名や商品名など自社固有のキーワードをページの中でテキストとして明快に示すことが重要なのだ。ホームページがはたしてこのような欠陥を抱えたままになっていないか、企業の担当者は一度点検してみてはどうだろうか。さまざまな検索エンジンを使って、自社のホームページにうまく到達できるかどうかを試してみればよいのだ。(ノンフィクション作家)

 ・ 日本のインターネットをどうにかしたい

ここで言うネット戦略とは、Google,Yahoo,MSNの持つマーケティング機能やFacebook,twitterなどのソーシャルネットワークを最大限に利用するセールスプロモーションを言います。検索エンジンに、お客様とをつなぐキーワードを打ち込み、ページ検索をしてみてください。思惑通りにホームページ(HP)にアクセスできれば、その分、ビジネスは優位に働き、効果的にマーケッティングができます。特定のキーワードに対して、個人も、企業も、団体もすべて同格に検索されます。従って、小が大を征するチャンスがあります。個人でも大企業に伍して特定分野で戦えるチャンスがあります。
検索方法の主流がキーワード検索に変わったのに伴い、検索エンジンに対応したホームページにリニューアルする必要があります。旧来のホームページにちょっと手を加え、ほんの少し待つだけで、眠っていたホームページが見違えるように目覚めます。



 一社一頁運動 Glocal21は、(有)産広シーアールが運営しています。ダイナミックなインターネットの使い方を知らない事業者がまだまだ多くおられます。これを知れば仕事の仕方が大きく変わります。インターネットの商用利用に確信が持てれば、成長が見込めます。多くの経営者にインターネットの醍醐味を知っていただき、インターネットで仕事になった!と言う驚きと喜びを、一人でも多くの経営者に味わっていただきたい。中小商工業者が日本を変えます。


通信情報ネットワーク 一社一頁運動!

借り手と貸し手でつくる大家ネット

☆ライフライン&セイフティネット☆
the United People of Japan


クリア・ウオーター・リバイバル
水につながるふるさと
Clear Water Revival from Azumino,Shinsyu

(C)インターネット安曇野